〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東4-1-2

028-664-3800

トップページ医院紹介スタッフ紹介診療案内交通案内初診の方へ
 

猪岡内科コラム

栃木県,宇都宮市,糖尿病,食事指導,管理栄養士 【猪岡内科】

猪岡内科コラム

求人案内

トップページ»  猪岡内科コラム»  睡眠»  体内時計について③ 5月号

体内時計について③ 5月号

体内時計について③ 5月号

体内時計について③ 5月号
猪岡内科
糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
暖かい日も多くなり、過ごしやすい季節になってきましたね。
前回の内容について少し振り返ってから、体内時計と同調因子について載せていきたいと思います。
 
【4月号の復習】
体内時計のサイクルの平均は約24時間10分で、正規分布しており、それは生まれつきにもった遺伝子により決まっています。
社会は24時間で動いているので、24時間に近い体内時計を持っている人は、
毎日おなじ時間に眠たくなって、朝は目覚ましなしでもスムーズに起きられます。
日本人の3割が当てはまるといわれている体内時計が長い“夜型タイプ”の人は、夜勤や睡眠不足に強いというメリットがありますが、ちょっと気を抜くと時計が遅れてしまう傾向があります。
逆に体内時計が短い“朝方タイプ”の人朝からバリバリ能力を発揮することができますが、どんどん早寝早起きになってしまう傾向にあります。
どちらが優れているとかではなく、それぞれ違った時間帯で勉強や仕事に対して自分の力を発揮することができます。

今月号では体内時計の仕組みを掘り下げて、社会の動いている“24時間”のリズムにシンクロさせて、体内時計をリセットする方法(同調因子といいます)について載せていきたいと思います。
 
【体内時計を詳しく】
1月号では体内時計の場所について軽く触れましたが、それについて少し掘り下げていきます。
 哺乳類の体内時計は脳の視床下部の視交叉上核(しこうさじょうかく
suprachiasmatic nucleus 、略称:SCNにあります。
 
右目からの情報は左脳、左目からの情報は右脳に送られますが、その道筋が交差する場所が視交叉上核で、直径1㎜ほどの組織のなかに時計細胞が詰まっています。
 
 
その視交叉上核には主となる“親時計”があり、内臓や血液などの末梢組織には、それぞれ個別に動く“子時計”が機能しています
その仕組みはよく「オーケストラ」に例えられたりします。

全ての臓器に指示を出すのが、指揮者である“親時計” (視交叉上核のPer時計遺伝子群とよばれます)。休まずリズムを刻み、タクトを振るように子時計たちの時刻を合わせて全身にいつ何をすべきかを伝えていますその親時計のリズムは、例え生体から取り出したとしてもリズムを打つほど、強く安定しています。
 
そして奏者達である“子時計”の細胞たちには、親時計からのシグナルでリズムを刻み身体の調節をしています。
それぞれ個別にリズムを持ちますが、親時計から離れて単独になってしまったら次第にリズムを失います。
 
そして、冒頭で体内時計のサイクルの平均は約24時間10分”と示したようにリズム調節の司令塔である親時計も24時間から外れています。
体内時計は、外界の明暗サイクルや色々な刺激に反応して、なんとか地球が自転している周期に合わせようとする働きがあります。
体内時計のリズムを修正する外からの刺激のことを「同調因子」と呼びます。
同調因子は、光や食事、運動、社会生活などがあげられ、一番強い刺激は

「光」です。
 


【鍵となるのは“光”】 
体内時計を調整する大きな刺激は光です。
人類とあかりの歴史は“焚火”から始まり、江戸時代ではかがり火、蠟燭など“火”を照明器具として扱っていました。
日本で電灯が初めて点灯したのは明治12年(1879年)です。
今のように人工照明で夜も明るい世界になる前は、みんな、朝日の昇る早朝5時、6時くらいに起きて、それから光を浴びることで午前中に体内時計を巻き戻して“朝型の生活”をしていました
時計の巻き戻しが行き過ぎてしまったなら、夕方の暗闇に応じて体内時計を少し遅らせていました。
強い光には覚醒作用がありますが、「起きたら朝日を浴びるといい」と言われる理由はそれだけではありません。
“親時計”である視交叉上核にある時計遺伝子群のリズムは、環境における光によって調整されるため、午前中に太陽光(強い光)を見ると体内時計は朝型にシフトします。これは親時計のみにみられる特徴で、末梢の時計遺伝子には光に反応する機能はありません。
体内時計の周期は必要睡眠時間と同じく生まれつき決まっていますが、夜型の人も光をうまく利用することである程度は朝型の生活に適応することが可能です。
 
【まとめ】
・体内時計には“親時計”と“子時計”があり、親時計が司令塔となって体内時計を調整しています。
・しかし、その親時計も24時間周期から外れているため“同調因子”と呼ばれる外からの刺激で、体内時計を合わせようとします。
・その同調因子として1番影響するのは“光”で、とくに午前中に光を浴びると体内時計のリセット効果があるとされています。
 
次回は効果的な光の浴び方についてお話ししていきたいと思います。
 

2021-06-28 11:02:06

睡眠

 
ページトップへ