〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東4-1-2

028-664-3800

トップページ医院紹介スタッフ紹介診療案内交通案内初診の方へ
 

猪岡内科コラム

栃木県,宇都宮市,糖尿病,食事指導,管理栄養士 【猪岡内科】

猪岡内科コラム

求人案内

トップページ»  猪岡内科コラム»  肺炎球菌»   肺炎球菌の予防接種について 11月号

肺炎球菌の予防接種について 11月号

肺炎球菌の予防接種について 11月号

 
肺炎球菌の予防接種について 11月号
猪岡内科 
糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
肌寒い季節になってきましたね。
先月は肺炎の原因の半数を占めており、重症化しやすいといわれている「肺炎球菌」についてお話ししました。
その肺炎球菌の発症や重症化に予防効果のある“肺炎球菌ワクチン”について、
ワクチンの種類やその違いなどを解説していきます。
 
【肺炎球菌ワクチン】
大人が接種できる肺炎球菌ワクチンには、23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)と、13価肺炎球菌結合型ワクチン(プレベナー13)という2種類があります。
これらのワクチンは肺炎球菌が原因でおきる肺炎の重症化や発症の予防に80%ほど効果があります。 

【肺炎球菌ワクチンのカバー力】 
「23価」肺炎球菌ワクチン、「13価」肺炎球菌結合型ワクチンの「価」とは、肺炎球菌の莢膜(きょうまく)がもっている型のことです。


この「価」の違いにより肺炎球菌は現在90種類以上の「型」があり、それぞれ毒性の強さや感染力の強さなどの性質が少しずつ変わります。
そして、全ての型が病原性を持つわけではなく、人間に対し強い影響を示す型はいくつかに限られています。

「23価」肺炎球菌ワクチンというのは、肺炎球菌の90種類以上ある型のうち23種類の型を、「13価」肺炎球菌結合型ワクチンはその中の13種類の型をカバーしており、それぞれ病原性のある型に焦点をあてています。
13価ワクチンでカバーする型は、ほぼ23価ワクチンでカバーできています。
 
多くの種類の型をカバーできる23価ワクチンのほうが一見優秀にみえますが、抗体を作る免疫への作用に違いがあります。
 
ここで免疫の話を交えて23価ワクチン、13価「結合型」ワクチンについての違いを説明していきます。
少し難しい話になりますので、要約は3ページの【ワクチンの違いの要約】をご覧ください。
 
【免疫の話と2つのワクチンの違い】
体の中には「B細胞」というリンパ球の一種があり、このB細胞は外からの刺激を受けると、敵を排除するための「抗体」を作り、戦いに挑みます。
1つのB細胞は1種類の抗体しか作れません。
23価ワクチンは、このB細胞を直接刺激して23種類の肺炎球菌の型の抗体を作り、しばらく体の中のパトロールを強化させることを促すワクチンです。

一方、体の中には「T細胞」といわれるリンパ球もあります。
その中の“ヘルパーT細胞”は「免疫の司令官」と言われており、T細胞は敵の情報を受けると、B細胞にその敵の性質、弱点などの情報を詳しく提示します。
するとB細胞は、より的確に敵を排除するための抗体を作れるようになります。
つまり、T細胞が詳しい顔や背丈を指名手配し、それを記憶したB細胞が敵を倒す武器を大量生産し、パワーアップして戦いに挑みます。
 
T細胞から情報を教えてもらったB細胞は、しばらくすると寿命を迎えますが、そのうち「メモリーB細胞」という記憶部隊では、その情報を一生記憶して体内に残り続けます
 
この記憶のおかげで、次に肺炎球菌が侵入してきたときに、より早く、より多く必要なB細胞を作ることができ、すぐに抗体を大量に作ることができるようになります。
(これを「免疫応答」といいます)。
 

13価結合型ワクチンは、この「T細胞」が認識できる成分が「結合」されており、これにより上記に示したような「免疫応答」を導くことが出来るワクチンです。
一方23価ワクチンには残念ながらこの「免疫応答」を導くことができず、時間が経つと効果がなくなってしまいます。
 
【ワクチンの違いの要約】
2つのワクチンの特徴の違いを箇条書きに書いていきます。


●23価肺炎球菌ワクチンであるニューモバックスNP
・肺炎球菌を広くカバーできます。
・値段が安く、年齢によっては自治体からの補助を受けることができます
・効果が長続きしないため、5年に一度は打つ必要があります
 
●13価肺炎球菌結合型ワクチンであるプレベナー13
・主要なものは大体カバーできていますが、23価ワクチンと比較してカバー力は広くありません。
・メモリーB細胞の働きにより敵を記憶させるため、ワクチンの効果が持続します。
そのため、打つのは生涯に一度でOKです。
・ニューモバックスよりも高価です。
 
65歳を過ぎたら、まずは、自治体の補助で受けられる23価肺炎球菌ワクチンを受けて、5年後の70歳を過ぎたら、13価肺炎球菌結合型ワクチンを受けることがおすすめです。
当院では肺炎球菌の予防接種が2回目の方には13価肺炎球菌結合型ワクチンを勧めています。
 
自治体からの補助の対象者や問い合わせ先など記載いたします。
【宇都宮市の助成の対象者】
次の方を対象に生涯で一度の助成が出ており、自己負担2500円で肺炎球菌ワクチンを受けることが出来ます。
65歳(昭和30年4月2日から昭和31年4月1日)
70(昭和25年4月2日から昭和26年4月1日)
75(昭和20年4月2日から昭和21年4月1日)
80(昭和15年4月2日から昭和16年4月1日)
85(昭和10年4月2日から昭和11年4月1日)
90(昭和5年4月2日から昭和6年4月1日)
95(大正14月4月2日から大正15年4月1日)
100(大正9年4月2日から大正10年4月1日)
または60歳から64歳の方で「心臓・じん臓・呼吸器の機能」又は「HIVによる免疫の機能」に障がいを有する方(身体障がい者手帳1級程度)
助成についての手続きなど詳しくは、宇都宮市保健所(電話番号028-626-1114お近くの地区市民センターへお問い合わせください。
 
また一段と寒くなりますので、暖かくしてお過ごしください。
 
 
 
 
 

2020-11-04 11:04:15

肺炎球菌

 
ページトップへ