〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東4-1-2

028-664-3800

トップページ医院紹介スタッフ紹介診療案内交通案内初診の方へ
 

猪岡内科コラム

栃木県,宇都宮市,糖尿病,食事指導,管理栄養士 【猪岡内科】

猪岡内科コラム

求人案内

トップページ»  猪岡内科コラム»  カカオポリフェノールについて

カカオポリフェノールについて

カカオポリフェノールについて

カカオポリフェノールの健康効果
猪岡内科
糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
前回は、ポリフェノールには5000以上の種類があり、それぞれに抗酸化作用があるけれども、体の中でそう長くはためておけないため、こまめに摂ることが理想的であるという話を載せました。
 
今回は、食べ物編でポリフェノールの入ったチョコレートについてまとめていいます。

【カカオチョコ】
さて、トランス脂肪酸の復習です。
最近ではトランス脂肪酸の含まれている量を気にしなくても気軽にチョコを食べられるくらいに、トランス脂肪酸の低減化が進んでいるという話をしました。
その、チョコに含まれている“カカオポリフェノール”の健康効果について調べてみました。
 
【血圧を下げる効果】
愛知県ではカカオポリフェノールが多く含まれているチョコレートを1日25g、4週間食べて血圧が低下しという研究があります。
全体的に血圧が5~10mmHgほど下がるという結果が出ましたが、とくに、チョコを食べた直後に血圧を下がる効果がります。
その血圧を下げる効果は、血圧が正常な人よりも、とくに血圧の高い人に効果があるようです。
 

【血管を広げる働きをするカカオポリフェノール】
チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、小腸で吸収されて、血管の中に入っていきます。
血管の中に炎症が生じている場合には、その炎症により、血管が狭くなり、赤血球が通り抜けにくくなっています。そこに、カカオポリフェノールが作用することで、炎症が軽減され血管が広くなる効果が期待できます。これによって、赤血球が通りやすくなると考えられます。

(資料提供:愛知学院大学 心身科学部 教授 大澤俊彦氏)
チョコレートは太るイメージがありますが、この研究では1日25gの少しの量のチョコなので、4週たっても「体重」は増えなかったそうです。
 
【善玉コレステロールの増加】
さらにカカオポリフェノールには「善玉コレステロール=HDLコレステロール」の値を少しだけ増やす効果があります。
血液中には、悪玉と呼ばれる「LDLコレステロール」善玉の「HDLコレステロール」があり、悪玉のLDLは肝臓から体の中の様々な器官にコレステロールを運ぶ機能を持っています。これに対してHDLは、「善玉コレステロール」と呼ばれますが、体の中の過剰なコレステロールを回収して肝臓に戻すはたらきがあります。


 このコレステロールのバランスで、血管が詰まりやすくなったりすることが知られていますが、カカオポリフェノールの健康効果で善玉の「HDLコレステロール」が増えて体の中に余分なコレステロールが減りました。
 
【抗酸化効果】
血管を健康に保つためには、以下の3点がポイントになっています。
・LDLコレステロールを増やさないこと
・HDLコレステロールを増やすこと
・LDLコレステロールの酸化を抑制すること

LDLコレステロールが必要以上に増えすぎると、体の中に溜まってしまいます。
そして、このLDLコレステロールが酸化すると、体内の掃除をする白血球の1種「マクロファージ」が食べてしまいます。
マクロファージが食べてしまうことで、泡沫(ほうまつ)細胞というものが生まれて、血管の内皮に溜まり、血管が狭くなるのです。
 
→このお話は猪岡内科で行っている動脈硬化の検査でみることができます。
ご相談ください。
カカオポリフェノールには、強力な酸化抑制効果があります。
チョコレートを食べることで、HDLコレステロールを増やすこと、LDLコレステロールの酸化も抑えることの健康効果が考えられているのです。


 
【高カカオチョコ】
さて、話は戻りますが、この研究では1日25gの高カカオチョコを食べています。
これが、どのぐらいのポリフェノールをとっているか計算してみました。
チョコレート効果72 1枚5gでポリフェノール127㎎=25gで635mg
チョコレート効果86 1枚5gでポリフェノール147㎎=25gで735mg
チョコレート効果95 1枚5gでポリフェノール174㎎=25gで870mg
普通のミルクチョコでは25gあたり200mgので、およそ3-4倍のポリフェノールが含まれているのですね。
ポリフェノールの推奨量は1日1500㎎くらいなので、飲料や他の食べ物と合わせてちょうどいいくらいです。

 
【注意点】
・高カカオのチョコには、良い効果もたくさんありますが、ミルクチョコよりも多くの脂質とカフェインが入っています。
たくさん食べるほど効果が高いというわけではなく、1日25gくらい、ちょこちょこわけてたべることが最適な健康効果があるといわれています。
・チョコポリフェノールには、血圧を下げる効果、コレステロールをよくする効果がありますが、下げすぎることはありません。
チョコレート=治療のお薬ではなく、サプリのような健康効果ですので、お薬の自己中断はしないようにお願いします。
 それでは、Let’sチョコ活♡
 

2019-04-08 09:56:29

 
ページトップへ