〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東4-1-2

028-664-3800

トップページ医院紹介スタッフ紹介診療案内交通案内初診の方へ
 

猪岡内科コラム

栃木県,宇都宮市,糖尿病,食事指導,管理栄養士 【猪岡内科】

猪岡内科コラム

トップページ»  猪岡内科コラム»  ファイトケミカル野菜スープ»  ファイトケミカルたっぷりの野菜スープのすすめ②

ファイトケミカルたっぷりの野菜スープのすすめ②

ファイトケミカルたっぷりの野菜スープのすすめ②

〈野菜の抗酸化パワー!ファイトケミカル〉

 野菜には、活性酸素を消去する働きをする物質が多量に含まれています。これを「抗酸化物質」といいます。野菜は抗酸化物質の宝庫です。野菜をたっぷり食べ、体内に抗酸化物質を取り込んでおけば、活性酸素を撃退し、がんを予防することができます。
 人間の体にはもともと、活性酸素の攻撃をブロックする「スカベンジャー」という抗酸化物質を作る働きが備わっており、病気を防いでいます。少しくらいの活性酸素が攻めてきたところで、体はびくともしません。問題は、このスカベンジャーを作る能力が年齢とともに低下し、活性酸素に対応しきれなくなることです。
 ※40歳代にはピーク時(20歳前後)の半分以下に減っているといわれています。

【ファイトケミカル(phytochemical)とは】

「ファイト(phyto)」はギリシャ語で「植物」、「ケミカル(chemical)」は「化学成分」という意味で、植物が作り出した天然の機能性成分のことです。ファイトケミカルは、植物が外からの刺激(害虫、外敵、紫外線、有害物質など)から、自らを防衛するために作り出す物質の総称です。植物(野菜、果物、穀物、豆類、芋類、海藻)の色素や香り、渋み、辛味、アクなどを構成している成分として自然界に数千種類存在しているといわれています。
最も重要な働きは、酸化を防ぐ抗酸化作用、つまり私たちの体をさびさせない作用です。また、抗がん作用免疫力を強くする力も持っています。

その他にも、体内の有害物質や発がん物質を解毒するデトックス作用、がん細胞の発生や増殖を抑える作用、アレルギーを抑える作用、動脈硬化を予防する作用、血液をサラサラにして脳梗塞や心筋梗塞を予防する作用があります。

人間は、自分でファイトケミカルを作り出すことはできないので、細胞や遺伝子の酸化を防ぎ健康を維持するためには、植物からファイトケミカルを摂取するしか方法がないのです。野菜や果物には、活性酸素を直接的、間接的に消去するファイトケミカル、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。これらを体内に取り込むことで、老化やがんの予防、そして様々な生活習慣病の予防に確実につながります。高血圧でも糖尿病でも脂肪肝・肝炎でも、病気の種類に問わず、治療と並行して野菜スープを併用していくと、治療の改善率が格段に上がり、薬を減らすこともできるといわれています。

 

【ファイトケミカルの代表例】

ファイトケミカルの9割は、野菜や果物など、私たちが日常的に食べている食品に含まれています。
例えば、右記のようなものがあります。


野菜や果物には、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなども豊富に含まれています。
ファイトケミカルが、これらほかの抗酸化物質と協力し合うことで抗酸化力がパワーアップします。

 

野菜を食べると、こうした複数の成分の総合力によって健康が底上げされ、がんをはじめとする病気の予防効果を高めることができるのです。


 

【サラダよりスープの方が100倍強力!】

野菜は煮てスープにすることで、より強い抗酸化パワーを発揮することがわかっています。

ファイトケミカルの多くは、細胞の中にあります。
植物の細胞は固い細胞壁で囲まれていて、
人の消化酵素では細胞壁を壊すことができません。
加熱することによって細胞壁が壊れ、
細胞内の成分が溶け出ていきます。
つまり、野菜はサラダとして生で食べるより、
加熱してスープにした方が、有効成分の吸収率が格段に高くなるということです。
野菜の活性酸素を消去する働きは、生野菜をすりつぶしたものより、野菜を煮出したゆで汁の方が10~100倍強い
ことが明らかになっています。
野菜スープには、ファイトケミカルの他にもビタミン類、ミネラル類など野菜の有効成分が丸ごと溶けだしています。
野菜スープをとることで、サラダとは比較にならない強力な抗酸化パワーが得られるのです。

 

★一口メモ★
治療と並行して野菜スープを実践して生活を変えると、まず便通がよくなります。そして、疲れにくくなり、風邪もひかなくなります。そのうち、体重が減り、血圧や血糖値、コレステロールの数値の改善も期待されます。
また、抗がん剤の副作用などで白血球が減少している患者さんに2週間、毎日200mLずつ、一日三回飲んでもらったところ、平均で白血球が143%、好中球が170%、単球が163%、リンパ球も125%まで増加したというデータもあります。

身体に良いこと尽くめの野菜スープは
作り方も簡単なので、ぜひ一度お試しください♪
病気の予防は日々の積み重ねが大切です。
普段から野菜をしっかり摂ることで、予防効果を高めましょう。

2018-12-04 11:41:00

ファイトケミカル野菜スープ

 
ページトップへ