〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東4-1-2

028-664-3800

トップページ医院紹介スタッフ紹介診療案内交通案内初診の方へ
 

猪岡内科コラム

栃木県,宇都宮市,糖尿病,食事指導,管理栄養士 【猪岡内科】

猪岡内科コラム

トップページ»  猪岡内科コラム»  インフルエンザワクチンについて»  インフルエンザの予防接種について② ~もっと詳しく~

インフルエンザの予防接種について② ~もっと詳しく~

インフルエンザの予防接種について② ~もっと詳しく~

インフルエンザの予防接種②
猪岡内科
糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
前回はインフルエンザワクチンについて簡単にまとめました。
今回は体の中の“免疫”の部分について少し詳しく掘り下げます。
 
人間の体にはウイルスに感染すると、そのウイルスを排除する働きを持った物質を作り、次に同じウイルスが入ってきても感染症になりにくくする「免疫」という働きがあります。
この働きを利用するのが予防接種です。
 
【免疫とは】
免疫とは、身体に入ってきた敵をやっつけるシステムです。
その戦士たちは、リンパ球好中球マクロファージのような白血球のグループの仲間たちで、それぞれ持ち場や役割が分担されています。

血液の中での戦いに強いもの、リンパ管戦が得意なもの、あるいは細胞の間に入って細胞を叩き壊して中に潜んでいる敵を追い出すものなどです。
敵だと判断したらどんな相手でも戦いを挑む戦士もいれば、特定の敵だけに有効な武器を持った戦士もいます。後者のほうが強力です。
特に強力な戦士は、間違って自分の細胞を襲わないように、特定の相手と以外戦えないようにできています。

 
このように、免疫は複雑なので、ここでは予防接種に関連するところを載せていきます。
 
【インフルエンザウイルスが感染してから抗体ができるまで】
今回のメインの予防接種を打ってから抗体ができるまでの体の反応を説明します。
 
インフルエンザの予防接種は、
前述の「どんな敵でも戦いを挑む戦士、特定の敵だけに有効な武器を持った戦士」でいうと後者を育てることができ、ここでいう特定の敵とはインフルエンザウイルスのことをあらわします。
主な登場人物はB細胞抗体樹状細胞とT細胞です。

 
【インフルエンザウイルスとの対戦】

①   樹状細胞が先陣を切ります。


樹状細胞は、組織の中に住んでいて、外敵が侵入すると捕まえて食べます。
のどの奥の細胞に入ったインフルエンザウイルスをいち早く捕まえるのは、この樹状細胞です。

樹状細胞が、ウイルスを全部食べつくせれば、それで感染は治まるのですが、そう簡単にはいきません。
インフルエンザウイルスは増殖が速く、強力なので、ほとんどの場合は樹状細胞には食べきれないくらいすぐに増えてしまいます。
 
②   B細胞が大活躍

樹状細胞が押され気味になってきたら、B細胞が活躍します。
B細胞は、骨髄に由来するので(bone marrow-derived cell)頭文字をとってB細胞と名付けられました。リンパ球の一種です。

B細胞は、特定の敵を退治する武器(“抗体“と呼ばれます)を作ることができます。
インフルエンザウイルスにはそれ専門に退治するB細胞がいて、インフルエンザウイルスだけと戦える抗体(武器)を作れます。


③   B細胞のスイッチを入れるT細胞


インフルエンザウイルスと戦うB細胞のスイッチを入れるには、それ専門のT細胞の助けが必要です。
 
T細胞もリンパ球の一種で、胸腺に由来している(thymus-derived cell)ことよりT細胞と名付けられました。
このT細胞は、インフルエンザウイルスを食べた樹状細胞の指令を受けて発動します。


樹状細胞は、食べたウイルスの破片を目印にして、T細胞に指令を伝えます。
樹状細胞がインフルエンザウイルスを食べてからB細胞が抗体を作るまでをイラストにしました。

【まとめると】
インフルエンザウイルスを食べた樹状細胞が指令を出し→インフルエンザウイルス専門のT細胞が認識して→それ専門のB細胞に伝える→B細胞は武器(抗体)を作る→ウイルスと戦い、撃退します。
 
これには時間がかかり、ようやく抗体がインフルエンザウイルスへの攻撃態勢がととのう頃には7日~10日かかります。
この間に、他の免疫の力で、インフルエンザはほとんど治ってしまいます。
ちょっと間が抜けている感じもしますね。
 
このT細胞・B細胞は、1度ウイルスを記憶すると、しばらくそのウイルスと戦闘できる状態で待機しています。
そのため、2回目に同じ敵が現れたときには、すぐ戦うことができます。

同じタイプのインフルエンザに2回かからずにすむのは、このシステムのおかげです。
この効果が何年続くかは人によって違いますが、何十年も持続するケースも認められて
いるようです。
 
【インフルエンザの予防接種は】
“もっと早く抗体が作られればいいのに”という要望に応えるためにあるのが、予防接種です。
B細胞・T細胞には、1度目で覚えた敵が、2度目に同じ敵が侵入した時にすぐに戦えるという性質があることはお話ししました。
予防接種でインフルエンザウイルスを記憶させておけば、本当にインフルエンザにかかったときに、すぐに抗体を作ることができます。

 そのため、インフルエンザの予防接種は受ける価値があると思います。
 

2018-10-26 19:50:09

インフルエンザワクチンについて

 
ページトップへ