〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東4-1-2

028-664-3800

トップページ医院紹介スタッフ紹介診療案内交通案内初診の方へ
 

猪岡内科コラム

栃木県,宇都宮市,糖尿病,食事指導,管理栄養士 【猪岡内科】

猪岡内科コラム

トップページ»  猪岡内科コラム»  LDLコレステロール»  リンゴ型肥満 洋ナシ型肥満

リンゴ型肥満 洋ナシ型肥満

リンゴ型肥満 洋ナシ型肥満


リンゴ型肥満 洋ナシ型肥満

糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
リンゴ型肥満、洋ナシ型肥満、この単語はダイエットに興味がある方ならテレビなどから耳にしたことがあるでしょうか。

リンゴ型肥満は、男性に多く、リンゴのように体の中心のお腹が出ている体型です。
脂肪は皮下組織でなくお腹のなかの内臓の周囲にたまるので内臓脂肪が多くあります

洋ナシ型肥満は、女性に多い、洋ナシのように体の下のほうの腰、お尻、太ももあたりにお肉がついている状態です。
腰から下半身の皮下組織に脂肪がたまるので皮下脂肪が多くあります

そしてこの内臓脂肪と皮下脂肪は同じ脂肪でも違いがあります。

内臓脂肪は、脂肪細胞の数は多くありませんが、内部に中性脂肪がたっぷりと蓄積されているのでひとつひとつの細胞が太っていて、細胞肥大型と呼ばれます。
大人になってからの生活の乱れで太った方に多いです。
皮下脂肪は内部の中性脂肪も少なく小さめだけれども、脂肪細胞の数が多い細胞増殖型 と呼ばれます。色々な種類の細胞が増殖することが多い成長期から太っている人に多いのがこちらです。
 
内臓脂肪と皮下脂肪、どちらの性質が悪いかというと内臓脂肪です!

肥大した脂肪細胞は「アディポカイン」とよばれるホルモン様物質を産生します。
そのアディポカインのなかには動脈硬化やインスリン抵抗性を誘導して糖尿病などの生活習慣病を引き起こします。

 
暴飲暴食により摂取エネルギーが過剰になると、内臓脂肪の脂肪細胞は極限にまで肥大化して蓄えきれなくなった脂肪や糖質が血液にあふれ出ます
内臓から血液にあふれ出た脂質は、門脈を通って肝臓にたどり着きます。
肝臓は中性脂肪やコレステロールを作っているのでそこに、脂質がたくさん流入すると 更にたくさんのコレステロールが作られて高脂血症になりやすくなります。

一方で皮下脂肪は、細胞内に蓄えられた脂肪の量も少なく、血中にあふれ出ることも少なく、アディポカインもほとんど産生しません。そのため、直接病気に結びつくことは少ないです。
 
しかし、内臓脂肪は悪いことばかりではありません。
運動により分解されやすいのは皮下脂肪ではなく内臓脂肪のほうです。運動の効果が出やすいので頑張りがいがありますね!

先ほども書きましたが、内臓脂肪は細胞の数が少ないので、運動することで脂肪細胞も一緒にスリムになり肥大した細胞は小さくなります。
皮下脂肪はもともと細胞数が多いので、一度増えた細胞数を減らすのはなかなか大変です。
 
そして先ほど少し触れた、脂肪組織から産生されるアディポカインについて少し書きます。
アディポカインは、脂肪組織が分泌するホルモン様の物質で全身の多くの臓器に働きかかけてさまざまな作用を発揮します。

昔は脂肪組織が何かを産生しているなんて、考えられていませんでした。
1990年代に網羅的遺伝子解析が行われて、脂肪組織にはタンパク質を分泌する遺伝子が数多く含まれていることがわかりました。
 次々と新しいアディポカインが同定され、総称してアディポカインと呼ばれるようになり、現在600種類にも及んでいます。

アディポカインは様々な機能があると書きましたが、具体的には
*食欲のコントロール  *インスリン感受性 インスリンの分泌 
*糖代謝 脂質代謝   *血管内皮細胞の増殖と機能
*動脈硬化       *血圧のコントロール
*免疫反応       *炎症反応


現在同定されている約600種類以上のアディポカインが、それぞれ特有な機能をいくつか発揮しています。数も多くあまりに多種多様です
その中で、特に注目されているのが、アディポカインと肥満、糖尿病、動脈硬化との関連です。


次回はそのことについて少し詳しく書きたいと思います。


 
 

2018-04-09 18:30:10

LDLコレステロール

 
ページトップへ