〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東4-1-2

028-664-3800

トップページ医院紹介スタッフ紹介診療案内交通案内初診の方へ
 

猪岡内科コラム

栃木県,宇都宮市,糖尿病,食事指導,管理栄養士 【猪岡内科】

猪岡内科コラム

求人案内

トップページ»  猪岡内科コラム»  インフルエンザ

インフルエンザ

  • 件 (全件)
  • 1

新しく出た抗インフルエンザ薬の“ゾフルーザ”について

新しく出た抗インフルエンザ薬の“ゾフルーザ”について
猪岡内科
糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
2018年2月、インフルエンザの新しいお薬“ゾフルーザ”が発売されました。
新薬というと、良く効きそうな期待もありつつ“ちゃんと効くのか、高いのか、異常行動はあるのか”など心配に思うこともあります。
そこで今回はインフルエンザの新薬ゾフルーザがどんな薬なのか、従来薬のタミフルやイナビルと比較してまとめていきます。
 
【従来薬とゾフルーザの違い】
インフルエンザウイルスは、鼻や喉の粘膜の細胞に入り込み細胞の中で増殖します。
増殖したウイルスは隣の細胞に移り、そこでもどんどん増えて、その速さは24時間で約100万倍に増えるといわれています。
これまで使われてきたインフルエンザの治療薬であるタミフル、イナビル、リレンザは、「ノイラミニダーゼ阻害剤」という種類で細胞の中で増えたインフルエンザウイルスが細胞の外に出るところを防ぐことで、周りの細胞に感染が広がるのを防ぎます
新しい薬のゾフルーザは「キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害剤」という種類の薬で、細胞内でのウイルスそのものが増えないようにする働きがあります。
 


 
【効果の検証】
臨床試験での薬の効果をまとめます。
①発熱、関節痛、喉の痛みなどインフルエンザの症状が出ている期間
症状が出ている機関の中央値は53.7時間で、新薬のゾフルーザとタミフルなどの従来薬は同じ程度でした。

②ウイルスが体から排出されるまでの期間
ウイルスが消えるまでの時間は、ゾフルーザが24.0時間、タミフルが72.0時間、何も治療しない群が96時間と、新薬のゾフルーザはかなり早い時期に消えました。
 
症状がなくなるまでの時間はゾフルーザもタミフルやイナビルとそれほど変わらないかもしれませんが、ゾフルーザは体からウイルスが排出されるまで24時間と短く飲んだ翌日にはウイルスがいなくなっています

ウイルスが消えるのは早いということは、どうしてもの外出や家庭内での看病などで接触したときにほかの人へ感染することを防いでくれる期待があります。
 
学校保健安全法で定められているインフルエンザに罹ったときの出席停止期間は “発症後5日間かつ解熱後2日”というのは従来薬も新薬も同じです。
 
【1回飲むだけで効果が持続】
タミフルが1日2回、5日間の服用が必要なのに対し、ゾフルーザは錠剤を1回飲むことで完結します。
1回飲むだけで良いので、飲み忘れることもなく管理が楽になります。
 
【副作用について】
従来薬であるタミフルやイナビルの副作用多くは腹痛・下痢・嘔気です。
ゾフルーザにもこのような副作用はありますが、発症率は少ないとされています。
ただ、多くの人が気になるのは2007年頃に大きく話題になったタミフル服用後の“異常行動”ではないでしょうか。

当時はタミフル服用後の異常行動はタミフルによる副作用と言われていましたが、インフルエンザにかかった子供がタミフルを服用していないにもかかわらず、転落・徘徊などの異常行動を起こしたという事例もあり、厚生労働省は『タミフルなどの抗インフルエンザ薬と異常行動に関する因果関係は不明』という結論を出しています。
 さらに、タミフル以外のインフルエンザ治療薬を使用した場合、解熱剤のみ服用した場合、何も飲んでいなくても異常行動は確認されています。

そのため現在、タミフルの副作用で異常行動を起こすというのは、ハッキリしていません。
異常行動は特に子供、男児に多くみられるようなので、しっかりと目の届く範囲で看病しましょう。
 
【薬の値段】
作用機序も効果的で服用方法も簡単、そして副作用も少ないということでかなり期待が高まるゾフルーザですが、新薬なので値段が気になります。
ゾフルーザの価格は10㎎錠が約1500円、20㎎錠約2400円で、年齢や体重によって飲む量が異なるので表にまとめて従来薬と比較してみましょう。
 
ゾフルーザの薬価
年齢・体重
 
容量
 
値段
 
3割負担
 
1割負担
 
成人 80㎏未満
 
20㎎2錠(40㎎)
 
4800円
 
1440円
 
480円
 
成人 80㎏以上
 
20㎎4錠(80㎎)
 
9600円
 
2880円
 
960円
 
12歳未満 10~20㎏未満
 
10㎎1錠(10㎎)
 
1500円
 
こども医療
 
12歳未満 20~40㎏未満
 
20㎎1錠(20㎎)
 
2400円
 
12歳未満 40㎏以上
 
20㎎2錠(40㎎)
 
4800円
 
 
比較① 従来薬のイナビル
年齢・体重
 
容量
 
値段
 
3割負担
 
1割負担
 
10歳以上・成人
 
20㎎2キット
 
4300円
 
1290円
 
430円
 
10歳未満
 
20㎎1キット
 
2150円
 
こども医療
 
 

3割負担の方は青色1割負担の方は緑色の値段を参照してください。
 
ゾフルーザは体重が80㎏以上の方は薬の容量が増える分、薬価も1400円(3割負担)ほど高くなりますが、80㎏未満の方は従来薬とのイナビルと比較しても+200円ほどでした
作用機序も効果的なこと、服用が簡単で副作用が少ないこと、感染拡大防止が期待できることを踏まえた値段だと感じます。
 
以上まとめた筆者の感想では
●80㎏未満の方は、ゾフルーザがおすすめです。
●80㎏以上の方は、家族に受験生や赤ちゃんや高齢者、インフルエンザを移したくない家族がいるかたはゾフルーザを考えてもいいかもしれません。ただし、+1400円は負担になるのでイナビルでもいいかもしれません

しかし、1番はインフルエンザにかからないことなので、うがい手洗いしっかりして免疫力も高めて予防していきましょう。
 

2019-01-19 12:15:53

免疫力を上げるための日常習慣

免疫力を上げるための日常習慣
 猪岡内科
糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
 今年も新しい年が始まりました。
師走を忙しく過ごしてきたぶん、体も気分もホッとしてなんとなく体調を崩しやすくなる季節です。
病院的にも本格的な冬の到来、インフルエンザが流行る季節になりました。
新年1本目は、インフルエンザに負けないように免疫力を上げる習慣のお話しをしたいと思います。
 

【この時期に流行るインフルエンザ】
インフルエンザといえば、38度を超えるような高い熱が出ること、全身が非常にだるく、関節が痛くて家の中にいても何も出来ないほど具合が悪い…というようなイメージがあります。

高熱は、私たちの身体に菌やウイルスが侵入してきた際の防御反応です。
体温をあげることで自分の免疫を活性化させて、外から入ってきた病原体と戦う攻撃力を高めています。
最近ではインフルエンザになっても微熱が出るくらいで風邪と見分けがつかないような方が全体の2割くらいおり、特に高齢者で多いといわれています。

 高齢の方がインフルエンザウイルスに感染すると、熱はあまり出ないのに肺炎を起こしたり、重篤になってしまうことがあります。
これは、外敵から身体を守る免疫機能の老化や、その他の原因によって免疫機能が落ちてしまっていると考えられています。
 
そこで免疫細胞を知って、免疫力を高めるヒントとなる日常習慣について書きたいと思います。
 
 
【免疫細胞は、腸から作られる】
免疫細胞が多く存在する場所は、“腸”です。

私たちの身体は、口から胃・腸へと続くトンネルのような構造になっており、腸には口を通じて身体に入る食べ物のほかにも、細菌やウイルスなどの病原体が入ってきます。
そうした病原体の侵入をくい止めるのは、腸にいる免疫細胞です。
免疫細胞は外敵から体を守る門番のような大切な役割をしています。
腸には全体の約6割もの免疫細胞が腸内に待機し、侵入してくる敵と戦っています。
腸の環境をよく整えることにより、免疫細胞が活発化し、免疫力も上がるといわれています。
 

【腸を整える方法】
腸内環境を整えるには善玉菌を①口から摂取するか、②体の中で増やすかです。
①    のおすすめの食材を紹介します。
●ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境を整えます。ただしヨーグルトから摂取した乳酸菌は胃や腸まで届いた後、善玉菌を増やしてから死滅し、体外に排出されてしまいます。効果を持続させるためには毎日食べ続けることが必要です。

●納豆

納豆は免疫力向上を手助けしてくれるビタミンB群ビタミンE、ミネラル類のカルシウムやカリウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、リンなどを豊富に含んでいます。
そして納豆菌には、0-157などの病原性大腸菌やサルモネラ菌を予防するほどの強力な殺菌力があります。
そして、サポニンという成分が免疫細胞のエサになり、免疫力も高めてくれます
毎日1パックずつ、朝昼晩のどこかで取り入れるようにしたいですね。

●にんにく

アリシンという成分に、非常に強力な殺菌力があります。そのため風邪やインフルエンザなどにも効果は絶大です。
にんにくの殺菌力は2日ほどで消えてしまいます。2日に1回とれたら効果が続きます。
 
②    の体の中で善玉菌を増やすには
食物繊維を摂るといいといわれています。

腸内に入った食物繊維は善玉菌の餌になるので、善玉菌が増えます。
食物繊維は豆、穀類、野菜、きのこ、海藻に多く入っています。
 食物繊維は腸を通るときに腸の壁を直接刺激して、免疫機能を上げたり、生活習慣病を予防してくれていると考えてられています。

 
【よく笑うこと】
よく笑うことで、白血球の数値が上がり免疫力が高まります
実際に、“笑い”をガン治療プログラムに取り入れている病院もあるくらいです。
ここ最近明らかになって“笑い”が免疫力を高める理由は、腹式呼吸腸の仕組みにあります。
 
●笑うこと=腹式呼吸
呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸があります。
腹式呼吸は、お腹がよく動く呼吸で腹筋をつかっています。

自分の手を、胸やお腹に当てて呼吸して、胸が開けば胸式呼吸、お腹が膨らんだりするのが腹式呼吸です。
そして、笑うと、自然と腹式呼吸になります。

腹式呼吸は、お腹の筋肉がよく動くので、腹部のリンパ管の流れが良くなり、腸が活発になります。
つまり、笑うことで腸にいる約6割もの免疫細胞が活性化されます。
 

●笑うこと=副交感神経優位にする
自律神経には交感神経と副交感神経があります。
副交感神経とは、リラックス時に優位になる神経で内蔵をよく動かす働きがあり、反対に交感神経は戦闘態勢のときに優位になり内蔵の働きを鈍くする神経です。
 
イライラ・ストレス・落ち込み・不安という状態は、自律神経の交感神経を優位にします。
交感神経は、内蔵の働きを低下させてしまうので免疫力も低下してしまうのです。
ストレスをため込まずに発散し、ポジティブ思考でよく笑うことは副交感神経を優位にして、腸の免疫細胞を活性化させてくれます。
 
まとめると、笑うことで
●腹式呼吸になり腸が動いて腸にあるリンパの流れが良くなり免疫細胞が活性化されます。
●自律神経のバランスが整えられ、副交感神経優位になり腸が良く動いて免疫力があがります。

 
【口角を上げるだけ】
1番は心の底から笑うことが免疫力アップの効果絶大ですが、そんな機会がなかなかない人は、口角を上げてみてください
人間の脳は、それを笑っているのと錯覚するので神経がリラックスして副交感神経が優位になります。
そんな作り笑いでも効果はありますが、やはり心の底から笑うことにはかなわないので
家族や友達とおしゃべりしたり、お笑いやコメディーのDVDを見たり、本を読んだり、
毎日すこしでも笑いのある年にして、インフルエンザが予防できたらいいですね。
 
今年も猪岡内科ともども、笑顔でよろしくお願いします。

 

2019-01-19 11:31:25

インフルエンザ予防接種①

インフルエンザの予防接種について
猪岡内科
糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
朝晩寒くなってきて、そろそろ、インフルエンザ予防接種について考える時期がやってきました。
今回は予防接種の効果や副作用、最近の動向などをまとめていきたいと思います。

 
【インフルエンザワクチンはどのようにつくられるのか】


インフルエンザにも様々なタイプがあり、流行する型が毎年異なります。
世界保健機関(WHO)が世界の流行状況からどのタイプがはやるのかを予測し、それに基づいて日本の研究機関でも流行のワクチンのタイプを決定します。
 
今年のタイプが決まったら、ワクチンの製造に入ります。
インフルエンザウイルスを鶏の卵に摂取してウイルスを増殖させ、感染力をなくす処理をします。

そして、様々な不純物を取り除き、有効成分であるウイルスの殻の部分(HA)だけにしたものがワクチンです。インフルエンザウイルスの死骸みたいなものです。
 
このようにつくられたインフルエンザワクチンを接種すると、体の免疫に関わる“メモリーB細胞”がウイルスを認識して、記憶します。
そして、本物のインフルエンザウイルスが体に侵入したときに、一気に攻撃する体制が出来上がります。
 
【インフルエンザの予防接種の最適な時期】
続いては、いつワクチンを受けるのがベストなのか考えたいと思います。
インフルエンザワクチンは、体の免疫細胞がウイルスの外見を覚えて免疫体制を整える必要があるため、すぐに効果が発揮されるわけではありません。
免疫体制がととのうまでに、2~3週間ほどかかり、その効果は3~5カ月ほどで薄れてしまいます。
遅くても流行の時期の2~3週間前には予防接種を受けておきたいですよね。
 
下のグラフは、過去5年分のインフルエンザの流行を示したものです。
インフルエンザは早い年だと11月下旬から、遅いと年末年始から流行り始めて、ゴールデンウィークの頃に落ち着きます。


グラフ:東京都感染症情報センターの統計より引用
 
免疫体制が整うまでに2~3週かかることを考えると、11月中に予防接種を受けることが望ましいでしょう。
猪岡内科では、11月1日よりワクチン接種を開始する予定です。

値段は、一般の方は4000円です。
宇都宮市に住んでいる65歳以上の方は、市から補助が出るので1500円です。

 
【インフルエンザ予防接種の効果】
インフルエンザワクチンを予防接種することで、ウイルスの外見を体の免疫に覚えさせることができます。
メモリーB細胞という免疫細胞が記憶することで、次に同じウイルスが入ってきたときにすぐに思い出し、抗体をつくって一気に攻撃体制を整えることができるのです。
 
予防接種でインフルエンザウイルスが体に入ってくることは防ぐことができません。
ウイルスが、空気の通り道である気道の粘膜免疫を突破されると、体に侵入してきます。
一度、感染はしますが、すぐに免疫のスイッチが入り、ウイルスがたくさん増殖する前にやっつけることができます。
そのため、予防接種をすることで症状が軽く治まります。

“1回の予防接種で64%の予防効果がある”というデータもあるので、症状が軽すぎて「感染」してしまったことすら気づかないことも結構多いようです。
 
【インフルエンザワクチンの副作用】

2~3割の方に下記のような副作用があり、数日で薄れていきます。
注射部位の赤み
注射部位の痛み
注射部位の腫れ

注射をした部分の皮膚が赤くなったり腫れたりするのは、体の健全な防御反応でもあります。体に免疫をつけていくのに、仕方がない反応といえます。

 
気をつけるのは、ごくまれですがアレルギー反応が生じてしまうことです。
これはワクチンに限らずにどのような薬剤でもいえることですが、アレルギーがひどい場合、アナフィラキシーショックになってしまうこともあります。
それは、注射をしてすぐの反応なので、当院では接種後15分は院内で体調の変化がないか確認させていただきます。
 
日本のインフルエンザワクチンは欧米に比べても非常に優れているといわれていて、卵が含まれている量も極めて微量(1ng程度)といわれています。
日本でインフルエンザワクチンを接種した後にアナフィラキシーショックを起こした例は、調べた限りではありませんでした。
 
 
予防接種を受ける予定の方は、問診票をお持ちになり、記入していただくとスムーズに受けられることができます。
ご協力お願いいた
 

2018-10-26 19:39:34

  • 件 (全件)
  • 1
ページトップへ