〒321-0904
栃木県宇都宮市陽東4-1-2

028-664-3800

トップページ医院紹介スタッフ紹介診療案内交通案内初診の方へ
 

猪岡内科コラム

栃木県,宇都宮市,糖尿病,食事指導,管理栄養士 【猪岡内科】

猪岡内科コラム

求人案内

トップページ»  猪岡内科コラム

猪岡内科コラム

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

今月の料理[令和元年10月]

今月の料理

気温が下がり、過ごしやすい季節がやってきましたね。旬の美味しいものが多い季節ですが、食べ過ぎない様に注意しましょう。今回は秋鮭を使ったレシピを紹介します。

秋鮭のレモン南蛮漬け

材料(2人分)
秋鮭・・・・・・・・・・2切れ
玉ねぎ・・・・・・・1/4個
黄パプリカ・・1/2個
かいわれ・・・・飾り用
唐辛子・・・・・・・1本  
サラダ油・・大さじ2
片栗粉・・・・・大さじ1
塩胡椒・・・・・適量
●水・・・・・・・・・・20㏄
●みりん・・・・・20㏄
●レモン汁・・・20㏄
●しょう油・・・20㏄
栄養成分値
<1人分>
エネルギー:240Kcal 
炭水化物:14.9g
たんぱく質:19.3g
脂質:10.5g
塩分:1.6g
作り方
 
1:玉ねぎは薄切り、パプリカは細切りにします。唐辛子は流水で種を取り、少量のお湯でもどして小口切りにします。
2:鮭は塩胡椒して3等分に切り、袋に鮭と片栗粉を入れて振ってまぶします。
3:フライパンに油を熱し、②を入れ両面焼きます。両面焼き色がついたらOK。
4:バットなどに③を並べ①をのせ、●の調味料を回しかけ、味をなじませます。
5:器に盛りつけてかいわれをのせて完成。

 

石狩汁

材料(2人分)
秋鮭・・・・・・1切れ
キャベツ・・80g
大根・・・・・・100g
人参・・・・・・40g

玉ねぎ・・・・1/2個
長ネギ・・・・・1/4本
木綿豆腐・・100g
だし汁・・・・・250㏄
料理酒・・・・大さじ1
味噌・・・・・・・大さじ2
栄養成分値
<1人分>
エネルギー:171Kcal 
炭水化物:14.3g
たんぱく質:15.7g 
脂質:5.0g
塩分:2.4g
作り方
 
1:鮭は一口サイズに切り、酒をふって臭みを取ります。
2:大根はいちょう切り、人参は半月切り、玉ねぎは薄切り、キャベツは一口大にざく切りにします。また、豆腐は2cm角、ねぎは小口切りにします。
3:だし汁に大根、人参を入れやわらかくなるまで煮ます。
4:柔らかくなったら鮭、キャベツ、玉ねぎ、長ネギ、豆腐を加えさらに煮ます。
5:火が通ったら味噌、酒を加えひと煮立ちさせます。
6:お好みでバターや一味唐辛子などを加えて盛り付け完成。

秋鮭とは

秋鮭は秋(9~12月)に産卵のために故郷の川に戻る鮭のことを言います。メスは卵(筋子)をたくさん抱えており、筋子やいくらも旬の時期です。鮭はアスタキサンチンという天然の赤い色素を含んでいるため赤く見えますが、白身魚に分類されます。

2019-10-02 13:28:05

健康寿命について考える①やせと肥満

健康寿命について考える①やせと肥満

猪岡内科

糖尿病療養指導士 中村郁恵

 

みなさま、「PPK」という言葉を知っていますか?

最近高齢者の中で流行っている言葉のようで「PPK=ピンピンコロリ」と最後まで元気に過ごすことを目標とする言葉です。

 

日本は世界一の長寿国といわれており、現在の平均寿命」は男性81歳、女性87と過去最高記録を更新し続けています。

そして、日常生活に制限のない期間を指す「健康寿命」の全国平均は男性72歳、女性75

栃木県では男性73歳(全国12位)、女性76歳(全国5位)です。

 

その「健康寿命」と、「平均寿命」とのは、男性で約8年、女性で約11もあります。

この期間に差があるほど介護が必要になったり、思うように日常生活を送ることができずに葛藤することがあるかもしれません。

自立した生活を長く送り、できるだけ「PPK」に近づけるように

健康でいられる「健康寿命」を長くすることをテーマにしていきたいと思います。

 

今回は高齢者の「やせと肥満」についてです。

【高齢者の肥満】

男性の肥満は50歳代をピーク36.5%)に加齢とともに減ります。

女性では加齢とともに体重が増えて70歳以上では23.7となります。

・肥満者の割合

肥満になると膝や腰に負担がかかり、痛みで日常生活を送るのに不便を感じます。

体重を支えている骨ももろくなり、骨折のリスクも上がります。

肥満細胞の肥大で罹りやすくなる生活習慣病の延長上には心筋梗塞や脳梗塞、癌がまっています。

 

【高齢者のやせ】

一方、痩せている人の割合は、男女ともに年を重ねるごとに増えて、

85歳以上で23.9%で、女性では85歳以上で34.3%でした。

 

・やせの割合

 

健康な人でも年を重ねると、若い時と比べて食が細くなり、だんだんと体重・筋力・体力が低下してきます。

加齢やホルモンバランスが崩れることで食欲が落ちて、健康的な70歳以上高齢者の食事摂取量は、50歳代と比較しても約15%減少しているといわれています。

 

 

栄養が足らない状態では免疫力が落ちて、インフルエンザや肺炎などの感染症にもかかりやすくなるのでしっかり食べることは元気の源です。

高齢者は見かけ上の体重は変わらなくても年々筋肉量が減り、80歳では成人の時よりも30-40%の筋肉が失われるといわれています。

筋肉がへるとだんだんと動けなくなっていき、要介護のリスクも上がってしまいます。

 

【BMIと死亡率】

やせと肥満に関する面白い文献を見つけたので紹介します。

7075歳の高齢者のBMIに関するものです。

BMIを①やせ②普通③過体重④肥満の4つのグループに分けて、10年にわたり死亡リスクを追った研究があります。

BMI=体重÷身長(m)÷身長(m)

    やせグループ 18.5未満

    普通グループ 18.525

    過体重グループ 2530

    肥満グループ 30以上

 

 みなさまはどのグループが1番死亡率が低く出ると思いますか?

 

筆者は②の普通グループが1番死亡率が低く、肥満群は1番死亡率が高いと予想しました。

しかし結果は予想外!

↓こちらのグラフをご覧ください。

「男女別 075のBMIと死亡率の関係」

男性も女性も過体重グループを底辺に死亡リスクがUの字になっています。

驚きなのは、

・②普通グループよりも、③過体重グループの方が13%死亡率が低いという結果でした。

・②普通グループと④肥満グループを比較したときに同じくらいの死亡リスクがありました。

・①やせグループの死亡率が一番高く「痩せていること」がリスクということです。

 

 

つまり、過体重グループ→→普通グループ・肥満グループ→→やせグループ

の順番で死亡リスクは上がっていきます。

高齢者にとっては過度な体重制限はせずに、少しくらい太っていたほうがいいということです。

 

【高齢者の適正体重】

先ほどのグラフの中でもっとも死亡リスクが少なかった体重を身長別にお示しします。

70歳を超えたら、無理なダイエットはやめて、適度な体重で筋肉を保つことがおすすめです。

150㎝ 57

155㎝ 62

160㎝ 65

165㎝ 70

170㎝ 74

 

 

40歳を超えると身長が縮むと言われており、さらに年を重ねると背中が丸くなったり、

骨粗鬆症などで腰骨がつぶれてしまったり、気づかないうちに身長が縮んでしまいます。

機会があれば、いまの身長を測ってご自身のBMIを計算してみてくださいね。

 

 

 

2019-09-24 10:23:22

コメント(0)

間違った熱中症対策をしていませんか?

間違った熱中症対策をしていませんか?
 
猪岡内科
糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
今年は冷夏でクーラーいらずの過ごしやすい日々が続いていました。
雨ばかりで洗濯物がカラッと乾かなかった時期が続きましたが、ようやく梅雨もあけて真夏日が続くようになったので、そろそろ熱中症対策も考えなければいけませんね。
 
熱中症対策のつもりが、救急搬送のはめに・・・
ということがないように知っていたほうが良い、医療現場のよくあるストーリーを載せたいと思います。
 
【救急外来では】
「先生、血糖値がはかれません!高すぎでエラーです!」
救急外来には意識を失ったAさんが運ばれてきました。
Aさんは特に持病もなく、通院歴もありません。
 
救急外来の看護師が血糖値を測ろうとすると、測定可能な範囲を振り切ってのエラー表示。
医師が慌ただしく採血・点滴の指示をするとAさんの血糖値は1000㎎/dlで、通常の10倍ほどの高血糖な状態でした。
 
大量の点滴とインスリン投与により、Aさんの意識が戻ったのは数日後。
Aさんの話でようやく入院までの経緯が明らかになりました。
 
【熱中症対策で飲んでいたつもりが】
Aさんは真夏日に町内の野球大会に参加。熱中症対策としてスポーツドリンクを5ℓほど飲んだそうです。
その夜ものどの渇きがおさまらず、体もだるいため、熱中症を心配したAさんはさらに3ℓほど飲みました。
しかし、のどの渇きはさらに酷くなる一方でした。
ここで受診していれば違ったかもしれませんが、Aさんは「熱中症なら水分をとって休んでいれば大丈夫」という思いがあり、病院に行かずにいました。
日に日に倦怠感がまし、食欲もなく、喉ばかりが渇きます。
喉は乾くけど飲めば飲むほどトイレも近くなり、仕事にならないほどに酷くなります。
早退を申し出たところで意識を失ってしまったという経緯でした。

【ペットボトル症候群】
実はこれは、典型的な「ペットボトル症候群」の経過です。
意識がなくなるほど重症例ではありませんが、当院にも年に1人は軽い「ペットボトル諸侯群」と思われる方がいます。
スポーツドリンクやソクトドリンクなどの糖質の多い飲料を大量に摂取することで急激な高血糖状態になり、最悪の場合は命の危険を伴います。
ペットボトル症候群は気づかない間に悪循環にはまっているのですが、そのわけを見てみましょう。


【高血糖が続くと悪循環に】
スポーツドリンク、ソフトドリンクなどの清涼飲料水をたくさん取りすぎて糖質の量が多すぎる(=血糖値が高くなりすぎる)状態が続くと、
・糖質を処理するためのインスリンが十分に分泌できなくなる
・分泌できたインスリンも必要な臓器に取り込みが低下する

ということが起こり、これら2つの悪影響は、血糖値が高くなればなるほど増大します。
 
清涼飲料水を飲む→血糖値が上がる→のどが渇く→余計にドリンクを飲む→血糖値がある→インスリンの働きが悪くなる→余計に血糖値が上がる→のどが渇いてまた飲む

一方で、腎臓では
多くなりすぎている糖分を大量の水分とともに尿にする→水分が失われて脱水になる→のどが渇く→ドリンクを飲む
という、悪循環高血糖を悪化させます。
Aさんはずっと清涼飲料水を飲んでいたので、この悪循環はどんどん悪化しました。
 
これは、Aさんのように糖尿病でなくても糖分をとりすぎると発症する可能性があります。
 
【細胞内の脱水】
血液の糖分が濃くなると、血漿浸透圧が高くなります。
浸透圧は低い方から高い方に水を移動させて同じ濃度を保とうとする性質があります。
細胞、血管、その間に細胞膜があります。
血管の中は糖が過剰になっていて浸透圧が高い状態です。
均衡を保とうとするため、細胞から血管へ水分が移動します。
そのため、細胞の中は脱水になります。

治療では、この脱水を補正するために、大量の点滴を行います。
 
【ケトンがたまる】
脱水とともに、たまに起こるのがケトンの問題です。


高血糖で糖質が処理しきれなくなると、体は脂質エネルギーにシフトします。
脂肪を燃焼するだけならば良いことですが、脂肪を燃焼する際に途中で作られる「ケトン体」という物質が問題です。
通常ケトン体は害のないものですが、糖質がうまく処理できずにエネルギーの大半を
脂肪に頼る状況では話が変わります。

酸性物質の「ケトン体」が極端に体内に溜まると、血液が酸性に傾いて吐き気、腹痛、意識もうろうとする症状「ケトアシドーシス」になります。
このケトンを尿に出す過程でNaやKの電解質も一緒に失います。
 
 
治療ではインスリンを点滴の中に入れて、糖質エネルギーを使えるようにすること、失った電解質も補充します。
 
【何を飲んだらいいの?】
飲料に気を付けることで、ペットボトル症候群を予防することができます。
普段の水分補給は、お茶やお水、カロリーゼロの飲料など糖質の入っていないものが良いでしょう。
長時間スポーツをする場合には少しの塩分・糖分をとることは推奨されています。
市販のものでは、ポカリスエットよりは経口補水液などの糖分の低いものを選んで、糖分の摂りすぎにならないように、お茶や水と合わせて飲むとよいです。
 
【自宅で作れる簡単な経口補水液レシピ】
・水 500ml
・ブドウ糖(なければ砂糖) 大さじ1(9g)
・塩 小さじ1/6(1g)3本指で1つまみがおよそ0.8gです
・レモン果汁 25ml
・あればローズマリーなどのハーブ
※甘さ控えめなのでブドウ糖(お砂糖)は大さじ2まで増量しても大丈夫です。
※血圧が高めの方は塩の量を半分にします。

7~8kcal/100ml
炎天下でのスポーツで失われる汗は最大で2ℓ/1時間にも及びます。
汗をかく運動するときには、30分前までに250ml~暑い日は500mlの水分補給をして、競技中には1時間に500~1000mlをこまめに摂取することが勧められています。
 
基本的にはカロリーがないもので水分補給して、たまにジュースやスポーツドリンクをのんで暑い夏を乗り切りましょう。
 

2019-09-24 10:05:53

今月の料理[令和元年9月]

今月の料理

暑い日が続きますね。料理するのも面倒になりがち。今月は素材の下処理もいらず、即調理にとりかかれる、忙しい日には助かる大豆の缶詰のレシピをご紹介します!

ひよこ豆のカレーそぼろ

材料(2人分)
ひよこ豆缶・・・100g
豚ひき肉・・・・150g
玉ねぎ・・・・・1/2個
にんにく・・・・1かけ
しょうが・・・・1かけ
サラダ油・・・・大1/2
 
☆しょうゆ・・大匙1
☆酒・・・・・・大匙1
☆砂糖・・・・・小匙1
☆カレー粉・・小匙1/2
☆塩、胡椒・・・少々
レタス・・・・・お好み
栄養成分値
<1人分>
エネルギー:335Kcal
炭水化物:23.6g
たんぱく質:19.8g
脂質:12g
塩分:1.7g
作り方
 
1:玉ねぎはあらみじんに切る。フライパンにサラダ油とにんにく、しょうがを入れて弱火で炒め、香りが立ったら中火にし、玉ねぎを加えて炒める。
2:玉ねぎがしんなりとしたら、ひき肉を加え、ポロポロになるまで炒め、ひよこ豆を加え☆調味料をいれて、汁気がなくなるまで炒める。
3:器に盛って、レタスを添え、レタスで包んで食べる。

大豆の塩こんぶ和え

材料(2人分)
大豆水煮缶・・・60g
きゅうり・・・・1本(100g)
塩・・・・・・・小匙1/4
☆塩こんぶ・・・2つまみ(5g)
☆ごま油・・・・大匙1/2
栄養成分値
<1人分>
エネルギー:85Kcal
炭水化物:4.9g
たんぱく質:5.0g
脂質:5.6g
塩分:1.3g
作り方
 
1:きゅうりは一口大の乱切りにして、塩をまぶし、10分程おく。
2:しんなりとしたら水けをきってボールに入れる。大豆、☆を加えてさっと和えて、できあがり。器に盛りつける。

 

大豆の缶詰

缶詰でもドライパックでもお手頃価格で手軽に使える大豆。たんぱく質や食物繊維のほか、カリウムやカルシウムなどミネラルの供給源でもあります。
普段の料理にはもちろんですが、災害時の非常食として備蓄しておくのもおすすめです。大豆は植物性たんぱく質で、動物性たんぱく質よりも消化しやすく体に負担をかけずに栄養が摂れます。味やにおいに癖がないので、炒めても、生でも、煮てもアレンジがききますよ。

2019-08-30 10:03:00

今月の料理[令和元年8月]

今月の料理

長い梅雨が明けて、急に暑くなりましたね。暑い日はガスを使わずに、簡単に作れる料理がいいですよね。今月は食欲が落ちても、サラッと食べれる料理のご紹介です。

鯖缶冷や汁

材料(4人分)
鯖缶(味噌煮)・・・1缶
味噌・・・・大匙2
すりゴマ・・・大匙2
白だし・・・・大匙2


冷水・・・・・3カップ
豆腐・・・・・1丁
きゅうり・・・・2本
大葉・・・・・・6枚
みょうが・・・・2本
栄養成分値
<1人分>
エネルギー:222Kcal
炭水化物:7.2g
たんぱく質:18g
脂質:12g
塩分:1.4g
作り方
 
1:きゅうりは薄切りにし、塩もみして水気を切る。みょうがは小口切り、大葉は千切りにする。鯖缶は身と出汁に分け、身はフォークでほぐし、豆腐は好みの大きさに切る。
2:ボウルに出汁・冷水・味噌・すりゴマ・白だしを入れて混ぜ、味噌を溶かす。
3:器に豆腐・鯖を入れ、2をかけ、1を盛り付けてできあがり。

 

茶せんなす

材料(2人分)
なす・・・・・・・・・・・・2本
☆めんつゆ(ストレート)・・・・80ml
☆ごま油 ・・・・ 大匙1
☆すりおろし生姜・・・小匙1
  白いりごま ・・・・・適量
 
栄養成分値
<1人分>
エネルギー:77.3Kcal 
炭水化物:1.8g
たんぱく質:1.1g 
脂質:9g
塩分:0.7g
作り方
 
1:なすはガクを切り落として、皮を剥きます。(ピーラーを使用すると簡単です)
2:1cm間隔でなすの中心まで縦に切り込みを入れ、水に5~10分つける。
3:1本ずつラップで包み、耐熱皿に並べ、500wで4~5分加熱します。
4:③を取り出したら、ラップのまま冷水に入れて冷やします。
5:なすを、ぎゅっとねじりながら器に盛り、合わせた☆をかけて、白いりごまをふりかけて出来上がり。

 

冷や汁とは?

冷や汁とは、出汁と味噌で味を付けた、冷たい汁物料理です。主に暑い夏場に食べます。山形・埼玉・宮崎県などの郷土料理です。今回は宮崎県の冷や汁を鯖缶でアレンジしました。本来は鯵やいりこを使いますが、淡泊で癖の無い魚ならば、どんなものでも代用できると思います。素麺やうどんのつゆにも代用できますよ!

2019-08-02 11:37:00

SGLT2阻害薬の最新情報~値段と副作用~

SGLT2阻害薬の最新情報~腎保護効果~③

猪岡内科
糖尿病療養指導士 中村郁恵
 
SGLT2阻害薬のまとめ③です。
作用機序など載せていきましたが、今回は“SGLT2阻害薬と低酸素”、値段のことや副作用についてまとめました。
難しい話を除きたい方は2枚目からご覧ください。
 
【低酸素とSGLT2阻害薬】
下の写真では右と左の腎臓の色を比較していますが、右の腎臓は寒色系の色が多く、これは低酸素を表しています。



腎臓病が進みやすい人は腎臓が低酸素になっていることが分かりました。
その理由として、糖を再吸収するときにはエネルギーが使われますが、そのエネルギーを作る時に酸素が使われます。糖尿病の過労な腎臓では多くのエネルギーと酸素が必要なため、酸欠になっているのではないかという仮説があります。
そして、腎臓が低酸素になると腎症の進行が悪化しやすいという悪循環に陥ります。
現在、SGLT2阻害薬を用いた動物実験では腎臓の低酸素が改善した報告があります。
 
その理由は上にも書きましたが、SGLT2阻害薬には次のようなことが期待されています。
・尿細管でエネルギーを使う“糖の再吸収”を抑制すること。
・体ではエネルギー効率のいいケトン体が多く使われること。
 
人間でも腎臓の低酸素を改善して腎症の悪化を防ぐことが見据えられています。

次は良いことばかりでない、副作用と値段のこともきちんと知っておきましょう。
 
 
 
【値段】
新薬ということもあり値段が気になる方も多いと思いますので、SGLT2阻害薬と
糖尿病薬でよく使われるDPP-4阻害薬とメトホルミンの比較をしたいと思います。
 
・SGLT2阻害薬

薬剤名
 
薬価(1錠)
 
3割負担
 
1割負担
 
ジャディアンス10㎎
 
198.7円
 
59.6円
 
19.9円
 
カナグル100㎎
 
190.5円
 
57.2円
 
19.5円
 
SGLT2阻害薬はすべて1日1錠内服する。
 
・DPP-4阻害薬
薬剤名
 
薬価(1錠)
 
3割負担
 
1割負担
 
エクア50㎎
朝・夕で内服
 
75.3円
朝夕で150.6円
 
45.2円
 
15.1円
 
ネシーナ25㎎
 
167.3円
 
50.2円
 
16.7円
 
トラゼンタ5㎎
 
155.4円
 
46.6円
 
15.5円
 
エクア以外は1日1回内服する。
 
・SGLT2阻害薬+DPP-4阻害薬配合剤
薬剤名
 
薬価(1錠)
 
3割負担
 
1割負担
 
トラディアンス
(トラゼンタ5㎎+ジャディアンス10㎎の配合剤)
 
283.3円
 
84.5円
 
28.3円
 
・上の表にあるSGLT2阻害薬とDPP-4阻害薬の配合剤です。
2剤を合計すると354円なのでDPP-4阻害薬も併せて飲んでいる方は、トラディアンス配合剤の方が2割くらいお得な計算です。
 
・メトフォルミン
薬剤名
 
薬価(1錠)
 
3割負担
 
1割負担
 
メトグルコ250㎎
通常1500㎎
 
9.9円
×6=59.4円
 
17.8円
 
5.9円
 
メトグルコ500㎎
通常1500㎎
 
15.4円
×3=46.2円
 
13.9円
 
4.6円
 
・メトグルコは通常1500㎎で内服します。当院では高齢でない、腎機能が悪くないなど「適応のある人」に最初に使うのを考えます。お腹の副作用が出なければ安くていい薬です
・1カ月の平均負担額
薬剤名
 
3割負担
 
1割負担
 
SGLT2阻害薬
 
1752円
 
584円
 
DPP-4阻害薬
 
1362円
 
454円
 
SGLT2阻害薬+ DPP-4阻害薬配合剤
 
2535円
 
849円
 
メトホルミン
 
475.5円
 
158.5円
 
薬価を中心に言うと、メトホルミンを内服して副作用なければとてもいい薬です
薬剤は値段以外に患者さんの年齢や腎機能、肝機能、治療のステップ、飲み合わせを考えて医師が患者様にあったものを選択します。
例えばインスリン抵抗性のありそうな2型糖尿病の方は最初にメトフォルミンを候補にします。食後の高血糖が目立つやせ型の方にはDPP-4阻害薬を候補にします。
腎臓の保護が必要な人や肥満の人は治療のステップでSGLT2阻害薬を考えます。
食生活の改善や運動をふやしてもなお、血糖値が悪化する場合は他の薬と併用していきます。
血糖値が悪くならないように食生活と運動を見直していくことが一番の節約ですね。



そして余談ですが、患者様から頂いた薬価分のお金はすべて病院から製薬会社へと支払われます。
そのため、病院は高い薬を売ると儲かる仕組みではなく、たくさんの患者様を診察した“診察料“でなり立っています。
SGLT2阻害薬は新薬なので高価ですが、今回の学会で腎臓を保護していることや体重が減ることなど“お値段以上”といえる効果があったのでこれを患者様に知ってもらうために、この記事をまとめました。
 
【SGLT2阻害薬の副作用】
・脱水について
糖が排泄されるときに、より多くの水分が尿として出ていくため、脱水に注意が必要です。
その分、糖分の入っていない水やお茶を多めに水分をとることが大切です。
下痢や嘔吐をくり返したり、食欲不振で食事や水分が取れないことが続くときは、医師に相談しお薬をいったん中止します。
高齢の方・お薬の飲み始めの時期・夏場は特に意識して水分補給をお願いします
特に高齢者で利尿剤(例えば:ラシックス・ナトリックス)を飲んでいる方は注意が必要なので、他院でもらっている薬があれば必ずお薬手帳を見せてください。

・尿路感染症・性器感染症について
特に女性で膀胱炎などの尿路感染症、陰部のかゆみや炎症などの性器感染症が起こる可能性があります。体を清潔に保ち、尿や体に異常を感じたらすぐ医師に相談してください。
 
・低血糖
SGLT2阻害薬のみで低血糖はおきにくい薬ですが、インスリンや他の薬剤との併用で低血糖が起こる可能性があります。低血糖の症状が見られたら、糖分の入っている飴、ジュースを飲んで症状が治まるまで休んでください。
 
・体重が減ります。
これは、副作用というか作用を期待して内服することが多いですが、余ったエネルギーを外に出すので、おおむね1-2㎏体重が減るといわれています。
「やせる薬を飲んでるから」といって、たくさん食べてしまっては意味がありません。
食事・運動・お薬とバランス良く治療していくことが大切です。
 
・発疹、吐き気、嘔吐、腹痛、異常な口の渇き、体の疲労感、呼吸困難などの症状がみられる場合はすぐ医師に相談してください。
 
・食事がとれないほどの風邪や高熱で寝込んでいるとき、下痢や嘔吐をくり返しているときなど“シックデイ”の時には一度薬を中断します。このような病気の時には医師に相談してください。
 

2019-07-23 19:38:24

今月の料理[令和元年7月]

今月の料理

蒸し暑い日が続いていますね。この時期の食事は麺類やご飯のみなど炭水化物に偏る方を多くみかけます。今回は主菜で炭水化物+たんぱく質が摂取でき、時短・低コスト・低脂肪の丼物を紹介します。包丁・まな板を使用しないで作れます!!

はんぺん入り鶏つくね丼

材料(2人分)
はんぺん・・・・1枚
鶏ひき肉・・・200g
卵  ・・・・・・・・1個
★しょう油・・・小匙1
★酒・・・・・・・・・小匙1
★みりん・・・・・小匙1
おろし生姜・・・5g
 
☆しょう油・・・大匙1
☆酒・・・・・・・・・・大匙1
☆みりん・・・・・大匙1
☆砂糖・・・・・・・大匙1
☆水・・・・・・・・・大匙1
白ごま・大葉・卵黄
ごはん・・・・180g  
栄養成分値
<1人分>
エネルギー:626Kcal
炭水化物:75.6g
たんぱく質:36.5g
脂質:15.5g
塩分:2.9g
 
作り方
 
1:はんぺんはマッシャーでつぶし、鶏ひき肉、卵、★の調味料を全て混ぜ合わせます。
2:フライパンを弱火で熱し、油を入れて、1をどんぶりサイズに合わせて平たくし、焼く。
3:☆のタレを合わせ、別のフライパンに入れて、煮絡める。
4:ご飯を盛り(180g)、大葉→卵黄→白ごま→タレをかけて出来上がり。

茄子とトマトのイタリアンサラダ

材料(4人分)
茄子・・・・・・・・・・1本
トマト・・・・・・・・1/2個
玉ねぎ・・・・・1/4個
パプリカ(黄)・・1/4個
にんにく・・・・・・・1片
 
バジル・・・・適量
オリーブ油・・大匙1
こしょう・・・少々
白ワインビネガー・・・・・・大匙1
 
栄養成分値
<1人分>
エネルギー:47.7Kcal
炭水化物:2.9g
たんぱく質:0.4g
脂質:3.8g
塩分:1.5g
 
作り方
 
1:茄子は5mmのいちょう切りにし、水1/2力ップに塩小さじ1/2を加えた塩水に漬けて、灰汁を取るため10分ほど置いておきます。
2:トマトはひと口サイズに、パプリカ、玉ねぎは薄切りに、にんにくはみじん切りにします。
3:パプリカ、玉ねぎ、にんにく、オリーブ油、塩、こしょう、ワインビネガーをボウルに入れてよくもみ、しんなりさせて味をなじませます。
4:よく絞った茄子、トマトを加えて和えます。器に盛りつけ、バジルを添えて出来あがり。

 

ワンポイントアドバイス

副菜に白ワインビネガーを使用しましたが、手元にない場合は、酢と砂糖を2:1で作ってみて下さい。ワインビネガーは白ワインとお酢を合わせたものではなく、白ぶどうを発酵させて作った調味料です。アルコールは含まれていません!フルーティな味わいと爽やかな香りで、マリネやドレッシングなどにお勧めです。

2019-07-02 10:28:40

今月の料理[令和元年6月]

今月の料理

蒸し暑い季節になりましたね。『食欲がなく、さっぱりした物が食べたい!』そんな時におすめな料理をご紹介いたします。短時間で簡単に作れる低コストの料理です!!

新玉と鶏胸肉の南蛮漬け

材料(2人分)
鶏むね肉・・・・・・250g
酒(下味)・・・・・・小2
片栗粉・・・・・・・大2
☆酢・・・・・・・・・75ml
☆醤油・・・・・・大3
☆砂糖・・・・・大3
 
新玉ねぎ・・・・・200g
人参 ・・・・・・・・・20g
ピーマン・・・・・・半分
鷹の爪・・・・・・・・大1
油  ・・・・・・・大1
 
栄養成分値
<1人分>
エネルギー:308Kcal
炭水化物:4.1g
たんぱく質:38.2g
脂質:5.4g
塩分:1.8g
作り方
 
1:新玉ねぎ、にんじん、ピーマンは薄切りにする。鶏むね肉は2cm幅のそぎ切りにする。
2:鶏むね肉に酒を入れもみこみ、片栗粉をまぶす。
3:フライパンに油をひき、②を入れ両面こんがりと焼く。
4:バットに☆の調味料を入れ、①の野菜と③の肉を温かいうちに入れて混ぜ合わせる。
5:時々むね肉を裏返して、15分程漬けたら、器に盛りつけ完成です。

豆乳プリン*黒蜜&きなこ

材料(4人分)
無調整豆乳・・・・・・350ml
砂糖   ・・・・・・10g
ゼラチン ・・・・・・・5g
(ふやかさないタイプ)
黒蜜*きなこ ・・・・・・お好みで
栄養成分値
<1個分>
エネルギー:56.8Kcal
炭水化物:4.4g
たんぱく質:6.8g
脂質:1.8g
作り方
 
1:鍋に豆乳を入れて弱火で煮る。(なべ底につかない様に、時々かき混ぜる)
2:①に砂糖とゼラチンを入れ溶かす。(目安は80℃です)
3:バッドに②を流し入れて、冷蔵庫で2~3時間冷やし固める。
4:スプーンですくって、器に盛りつけ、お好みで黒蜜やきなこをかける。

 

筋力低下に気を付けて!

暑くなってくると、室内にこもったり、冷たい麺類を好んで食べがちですが、『動かない+たんぱく質(肉・魚・卵など)不足』となると、筋力が低下してしまいます。高齢になればなるほど筋力低下を防ぎたいものです。今月紹介した南蛮漬けは魚でも代用できます。たんぱく質がしっかり摂れて、さっぱりして食べやすい料理になっているので、是非作ってみて下さい。

2019-05-31 12:05:00

SGLT2阻害薬の最新情報~腎保護効果~②

 

SGLT2阻害薬の最新情報~腎保護効果~②

 

猪岡内科

糖尿病療養指導士 中村郁恵

前回に続き

欧米の学会で発表された最新の糖尿病薬“SGLT2阻害薬”の研究結果では、

薬の作用で糖尿病患者さんの腎機能をみる指標である“eGFRの低下”が改善したという腎臓にとって良い結果でした。

 

この効果は単純なものではなく、たくさんの仕組みが連なって良い結果となっています。

今回は、少しディープな生化学のお話しになりますが、

現在解明されている“SGLT2阻害薬への期待”とその仕組みの一部を紹介します。

 

・今回はケトンの話

SGLT2阻害薬とケトン体】

SGLT2阻害薬で糖分が尿に捨てられると、体はブドウ糖不足を感じます。エネルギーを確保しようと肝臓ではケトンがたくさん作られます。

このときに脂肪肝などの本来であれば脂肪がつくべきでない“異所性脂肪”などからもケトンがつくられます。

 

【エネルギーの話】

人間の身体は、体温を保ったり、筋肉を動かしたり、休んでいるときでもエネルギー(ATP)を消費して生きています。

そのエネルギー(ATP)は、食事からとったブドウ糖、次いで体に蓄えられている脂肪酸、筋肉に含まれるたんぱく質からつくられます。

このエネルギー効率について考えてみます。

 

【エネルギーの効率】

身体の細胞の中のミトコンドリアではブドウ糖や脂肪酸からエネルギーのATPが作られます。

この時に酸素を消費して作られますが、脂肪酸とブドウ糖では使う酸素の量が異なり、

酸素1分子あたりにつき脂肪酸(2.33分子)よりもブドウ糖(2.58分子)のほうが多く効率的に作られます。

しかし、糖尿病でインスリン抵抗性が高い状態では体でブドウ糖が充分に利用できずに、エネルギー効率の悪い脂肪酸が多く使われています
 



そこで、第三のエネルギーとしてケトン体が登場します。

 

【ケトン体とは】

ケトン体は糖質が足らないときに体のエネルギー源になる物質です。

体は糖分不足を感じると「糖エネルギーをメインに使う」から、「脂肪酸エネルギーを使う」システムにシフトし、体内の中性脂肪を分解してエネルギーをつくり出します。

 

脂肪酸エネルギーでは、脂肪細胞で中性脂肪が分解されて血液に入り、全身を巡りながらエネルギーとして使用されます。

その中で肝臓に流れ着いたものは、他の臓器でもエネルギーとして使えるように脂肪酸が分解されて一部がケトン体になります。これがケトン体エネルギーです。

 

特にケトン体をどんどん消費するのが脳の神経細胞、心臓、腎臓です

脳に行くときには血液脳関門という通り道があり、脂肪酸はそこを通れないため、糖質がなくなったらケトンが脳のエネルギー源になります。

そのほか、ケトン体は水に溶けやすい水溶性なので、特別なたんぱく質の助けがなくても心臓や筋肉や腎臓などに効率よく運ばれます。

 

このように脂質と比べて脳のエネルギーにもなり、心臓や腎臓でも使われやすいため、糖に代わる万能なエネルギーとして重宝されています。

 

【ケトン体の効率の良さ】

ケトン体は酸素1分子から2.50分子のATPをつくり出すことができ、脂肪酸(2.33分子)よりも効率が良いとされています。

そして、炭素2単位からケトン体では243.6kcalを得ることができるのに対し、同じ炭素2単位からブドウ糖では223.6kcalしか得られないので、ブドウ糖よりも代謝上有利とされています。S,Mudaliarらの文献より)

つまり理論上、ケトン体は脂肪酸やブドウ糖よりも酸素・炭素の消費が少なく、効率の良いエネルギーとして使われます。

 

さきほど書いた“理論上効率のいいエネルギー”とされているケトン体が多く使われることで、体は酸素を節約できます。

SGLT2阻害薬の酸素の節約”ということではもう一つ。

前回の復習になりますが“SGLT2阻害薬の最新情報①“で書いたように

尿細管で糖とNaClを“再吸収”するときに働いているポンプはエネルギー(ATP)を使って稼働しています。

SGLT2阻害薬はその“再吸収”を抑えるので、エネルギーや酸素消費の節約につながります。

このようにSGLT2阻害薬は血糖値を下げるだけでなく、エネルギーの節約(酸素の節約も)をしていますが

“酸素”に観点を当てた研究があります。

 

次回は知っておきたい、SGLT2阻害薬の値段と副作用を書きますので、その時に一緒に載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019-05-21 11:30:39

SGLT2阻害薬の最新情報~腎保護効果~①

SGLT2阻害薬の最新情報~腎保護効果~①

猪岡内科

糖尿病療養指導士 中村郁恵

 

まだ青森は雪が降り積もっている3月の初めに、糖尿病の進歩という学会に参加してきました。

そこで聞いた新しい話をまとめていきたいと思います。

 

【糖尿病治療薬の優先順位が変わった!】

2018年、アメリカや欧州の糖尿病学会で薬のアルゴリズムが改訂されました。

いままでは、7種類ある糖尿病治療薬の中でメトホルミン(商品名:メトグルコ)が第一選択薬で、第二選択としては、他の薬剤が並列に並んで、低血糖・体重・費用をもとに患者さんごとに選ぶような仕組みでした。

 

今回の改訂では、メトホルミン(商品名:メトグルコ)が第一選択薬というのは変わりありませんが、第二選択薬のところで大きく変わりました。

腎臓病や心疾患のリスクがある方、体重減量が必要な患者さんには優先してSGLT2阻害薬(次いでGLP1製剤→注射薬です)を選ぶように変わりました。

いままで並列だった第二選択薬ですが、SGLT2阻害薬(次いでGLP1製剤)が群を抜いて急浮上しているのは、心疾患や腎臓に対する有効性が証明されているからです。

今回は学会で聞いたSGLT2阻害薬の話を書きますが、最初にSGLT2阻害薬が作用する腎臓の仕組みについて書きたいと思います。

 

【腎臓の働き】

腎臓は血液が運んできた体の老化物をろ過して尿として外に排泄します。

ろ過を行う腎臓の糸球体は網戸のようになっており、タンパク質や血球などの大きいものはその網目を通ることが出来ません。

水や糖分、電解質(ミネラル)、老廃物は糸球体の網戸を一度くぐり尿のもととなりますが、体に必要な成分はあとで“再吸収”されます。

 

再吸収とは、1度捨てたけれども体に必要なので取り戻すようなイメージです。

それは腎臓のネフロンで行われており、労力=エネルギーが必要とされています。

 

【糖尿病の腎臓は過労気味!?】

前述のとおり、尿を作る過程で糖分も老廃物とともに血液から尿細管に流れ込みます。

しかし、糖はエネルギーのもとになるため体に必要な成分です。

糖尿病の方は“血糖値が高い”と言われているように血液中や尿細管にも糖分が多く含まれます。

そのため、糖尿病でない人と比べてたくさんの糖を再吸収しようとし“糖の再吸収ポンプ部門=SGLT2”が沢山必要になって現れます。

そして、その仕事量は多く過労な工場のような状態になっています。

 

 

人間社会も“過労”や“ブラック企業”が問題になっていますが、腎臓も同じです。

腎臓の仕事量が多く、過労な状態が続くと尿を作る1つの工場(=ネフロンといいます)はストレスがかかり壊れてしまします。

それでも仕事量は変わらないため、残りのネフロンに負荷がかかりまた1つのネフロンが壊れて腎臓の工場の稼働率が落ちていきます。

これを医学的にeGFR=糸球体濾過率と表し、腎臓病を診るときの指標になります。

このように腎症が進行していきます。

 

過労な状態の腎臓の“糖の再吸収ポンプ部門”の仕事量を抑える作用の薬がSGLT2阻害薬です。

SGLT2阻害薬】

2014年に発売されたSGLT2阻害薬”は、糖尿病で肥満の患者さんが血糖値や体重をコントロールするために

“尿の中にエネルギーである糖を出させることで、血糖値を調整するお薬”として処方されています。

「血管の中に糖がありすぎるなら、その余分な糖を尿に出してしまおう」という今までにない薬です。その作用機序や、発売から5年間の研究結果を載せます。

 

SGLT2阻害薬の作用機序】

SGLT2阻害薬の作用機序は、尿細管で糖の再吸収をしているSGLT2を阻害します。

その結果、糖は再吸収されずに尿にはいわゆる“尿糖”として排泄されて、血糖値を下げる働きがあります。

糖の再吸収が抑えられるため過労工場だったポンプたちの仕事量は通常に戻り、ストレスがなくなります。その結果として腎臓を保護することに繋がります。

実際の研究結果ではSGLT2を飲んでる群では、腎臓病がどのくらい進んでいるかの程度をみるアルブミン尿/たんぱく尿、eGFRの低下率が改善したという結果があります。

上の表は、SGLT2阻害薬を内服している人、そうでない人の腎機能をみたものです。SGLT2阻害薬を飲んでいる群(青色)は内服を始めてから過剰濾過が治まり一見腎機能が下がっているように見えますが、長い目で見るとグラフが右肩上がりになり、腎機能が改善していることがわかります。

 

SGLT2阻害薬と腎臓の保護効果について学会で聞いたことは

②に続きます

 

2019-05-21 11:13:50

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ページトップへ